シローズ(Shiro’s)でタバコのヤニ汚れが取れるのか!?

今では禁煙の流れが加速し、喫煙場所がどんどんなくなっている日本ではありますが、アメリカではたばこ販売の禁止の処置が2020年には施行されそうです。

欧米を含むその他の外国では、歯の美しさは最重要課題。黄ばみなんてもってのほか。
しかしまだまだ日本人は、歯の美しさにそこまで関心がないようです。最近になってやっとホワイトニングがメジャー化してきました。

電動歯ブラシ機能で歯磨きが30秒でできて、ホワイトニング15分でできる人気のホワイトニングアイテムシローズ。
今回はタバコのヤニ汚れもシローズで白くなるのかレポート報告いたします。

歯の黄ばみで厄介なヤニ汚れ、大切な歯を変色させる大きな原因のひとつとして、タバコが挙げられます。
タバコのヤニの付着によって黄ばんでしまった歯に白さを取り戻すにはどのような方法があるのでしょうか。

タバコはなぜ歯が黄ばむ!?

大切な白い歯を変色させてしまう原因のひとつにタバコが挙げられます。
タバコを吸う人は確かに歯の黄ばみが目立つ人が多いですよね。

タバコを吸う人ならわかると思いますが、タバコにはタールと呼ばれる物質が含まれています。あのフィルターに着く黄色いもの。
あれがそのまま歯についちゃうんですね。

このヤニ汚れは、歯全体を黄色く変色させたり、また歯の裏などに茶色くこびりついていることがほとんどです。
このような汚れをステインと呼んでいます。

歯の表面は薄いタンパク質で覆われています。

歯のヤニ汚れは、このタンパク質にタバコのタールが直接くっつき、歯の色を変色させてしまうのです。

タバコによる歯の黄ばみがなかなか落ちない理由は、タールがべとべとした粘り気のある物質であるからです。

ワインなどの着色しやすいものと比べるとタールは粘度が高く、黄ばみの中では一番厄介です。

レンジやコンロの油汚れを想像してみてください。一度こびりつくと、掃除をしてもなかなか取れないでしょう。

歯のヤニ汚れもその仕組みと同じです。そのため、通常の歯磨きでは落ちず、このステインはさらに蓄積されてしまうのです。

そして蓄積された下層のヤニ汚れはそのまま歯に浸透していってしまいます。

タバコによるヤニ汚れを落す方法は?

タバコによる歯に黄ばみを除去するためには、以下の方法が主になります。

歯科医院やクリニックで歯の汚れを落としホワイトニング
歯科医院やクリニックで歯垢除去などのクリーニング
タバコのヤニ用歯磨き粉で磨く
それぞれの特徴を見ていきましょう。

歯科医院やクリニックでのホワイトニング、クリーニング
ヤニ汚れによる歯の黄ばみには、デンタルクリニックでのホワイトニングが確実であり、即効性があります。
ただし、そのデメリットはなんといっても診察料。通常の検診や治療と違い、歯のホワイトニングは保険診療外です。
保険がきかないため、1回数千円から数万円かかることもあり、定期的に通う形になります。

歯科医院やクリニックでの施術であるクリーニング(歯石取り)も方法のひとつとして挙げられます。
ホワイトニングと同じように考える人もいますが、ホワイトニングとクリーニングは違う施術方法です。

ホワイトニング・・・薬品や特殊パウダー、レーザーなどにより歯を漂白する
クリーニング・・・歯の歯垢や歯石、付着物を器具によって取り除く

このように、ホワイトニングとクリーニングとはその目的が違うため、料金や方法に違いがあります。
そのため、クリーニングは保険診療として扱われ、数千円でおさまる場合が多いです。

しかし、歯の汚れ対策の場合、部分的に保険診療外となる場合もあり、クリニックによりさまざま。
ホワイトニングが目的となるとホワイトニングの方向に話は進むでしょう。
やはり、お財布にあまり優しくない対策方法であると言えるでしょう。

ヤニ取り用歯磨き
薬局などにヤニ取り用歯磨きが数種類売ってあります。歯の黄ばみを解消するには、もちろん歯磨きが大切。
食事の後やタバコを吸った後、その度に歯磨きをしなければ意味がありません。
ヤニ取り用歯磨きでヤニは取れるのだと思いますが、毎日タバコを吸う人にとってはいたちごっこで現状維持程度しかできません。
食事後、タバコを吸った後、毎回歯磨きできるのであれば話は別だと思いますが、そうなると歯磨きが面倒になったり

歯磨き回数が増えると単純に歯への負担も大きくなります。歯磨きはしすぎもよくないのはご存知だと思います。

また、ドラッグストアやスーパーで気軽に手に入る歯磨き粉の多くは研磨材を使用しています。

研磨剤によって、歯の表面を削り取ることで歯が白くなったように見えるというわけです。
ですが、研磨材は歯を傷つけ、そこから菌や汚れが入り込みことによってさまざまな悪影響を及ぼしてしまうので、注意が必要です。

タバコのヤニによる歯の黄ばみにを効果的に落とすにはホワイトニング方法を

タバコのヤニ汚れを落とす方法はいろいろありますが、お財布に厳しかったリ、また歯のために良くなかったリして、どのような方法を選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで悩みを一気に解消することができるシローズが活躍することになります。

シリーズはお財布にも優しく、さまざまな歯の健康維持にも効果を発揮する商品なので、ホワイトニングをはじめ、はじめてのケアとして最適です。

その中でも特に効果と信頼性の面でチェックしたいポイントを紹介します。

歯を削ることなく優しくホワイトニングできるもの
今までのホワイトニング歯磨きのように、研磨材でコシゴシ歯の表面を削ってしまうと傷になり、そこから細菌感染。
さらに症状を悪化させることに。そうならない塗布タイプがおすすめ。

口臭予防もできるもの
歯の黄ばみが目立つ人は口臭も気になるといいます。タバコのニコチンは血行不良を引き起こし、ドライマウスを招くからです。
口臭予防も兼ね備えるものがおすすめ。

シローズがタバコのヤニ汚れに最適な理由

ホワイトニングアイテムを選ぶコツとして、多くの効果をあわせ持つ商品がおすすめです。
そしてさらに手が出しやすく長く続けやすい値段であること。

シローズの泡ハブラシには研磨剤は入っておらず、LEDを照射することで起こる光触媒を利用しています。

歯を削ることなく、汚れを浮かし落としていく。これはタバコのヤニ汚れも同じです。

シローズは電動歯ブラシ付きなので、歯ブラシもたったの30秒で終わることができ、歯垢や食べかすなどをこの電動歯ブラシで除去。

その後ホワイトニング15分ですが、そのまま歯ブラシが終わった後に行うので、歯磨きからホワイトニングまで一貫して行うことができます。

毎日行う歯磨きですから面倒があっては継続もしにくいですが、シローズならストレスなく継続することができます。

そして従来のホワイトニングアイテムなどは歯磨き後に、など自身で磨いて時間もどのくらい磨いたらいいのかわからなくなってしまうのですが、シローズはタイマー付きです。

歯磨きもホワイトニングも時間になったら勝手に電源が切れるので時間を図る必要もなく、なにか作業しながらでも家事しながらでもゲームしながらでもできてしまいます。
これがシローズが人気の理由でもあります。

まとめ

タバコにはニコチン、タールが含まれており、タバコを吸うことによって歯にこびり付き黄ばみの原因になります。

その汚れはなかなか落しにくいとして有名で、時間が経てば経つほど歯磨きでは解消不可能になります。

歯に優しくホワイトニングをするのが一番です。生涯付き合う歯ですので、研磨材歯磨きによる無理な歯磨きは歯を傷つけますし、さらなる症状の悪化や疾患の元。

そのため、シローズなどの最新のホワイトニングアイテムで優しく安全にホワイトニングすることをおすすめします。

コメントを残す

メニューを閉じる