自分の歯の色の白さは平均的?それとも暗い?黄色い?

最近歯の黄ばみやくすみが気になっている方も多いと思いますが、自分がどの程度の白さであるかを把握している人は少ないはずです。

今回はその歯の白さを示す指標となっているシェードガイドについて、紹介します。

今現在の白さのレベルを知り、あと何段階アップすれば、自分の理想的な白さになるのかを把握できれば、モチベーションも変わりますし、施術の回数の目安も分かります。

さまざまなホワイトニング方法に置いて、1回にどの程度白さがアップできるのかを知り、自分に合ったホワイトニング探しと自分がどのくらいの歯の色なのか己を知る事に役立ててください。

あなたの白さはどの段階?シェードガイドについて。

歯の白さを知る基準となるのがシェードガイド

ホワイトニングを行うことで歯が白くなるといっても、実際どの程度白くなるのか、基準などが不明で結構あいまいに思う方もいると思います。

そこで、今回は白さの段階、具体的な指標となっているのがシェードガイドというものです。

シェードガイドとは、歯の白さを明るい順に並べたスケールで、これを基準にし、今の歯の色を把握することで、あと何段階アップすべきかを知ることができます。

広く使われるVITAシェードガイド

シェードガイドは、各社からさまざまなタイプのものが作られていますが、VITAシェードガイドというのが一般的です。

同じ白でも、赤茶系をA、赤黄系をB、灰色系をC、赤灰色系をDと、4系統に分類して、それを明るさ順に並べ直し、16段階の明るさを示した指標となっています。

日本人は黄色い?日本人の平均はA3

日本人の歯の色は、欧米人と比較すると黄色みがかっています。

これは、日本人のエナメル質が薄く、その下の黄色みがかった象牙質が透けて見えやすいからです。

日本人の健康な歯の色は、シェードガイドではA3~A3.5 が平均とになります。

A3であれば、赤茶系のAの中で3番目の明るさとなり、16段階のシェードガイド全体では、9番目の明るさとなります。
A3.5であれば、シェードガイドでは16段階で12番目の明るさです。

A1の白さまでは誰でもホワイトニングで可能

日本人の歯は、わりと白さが低いところにありますが、ホワイトニングによって、ほとんどの方がA1の明るさにすることも可能です。

A1の明るさとは、赤茶系のAの中でもっとも明るく、VITAシェードガイドの中では、2番目に明るい白です。

誰が見ても白い歯く美しい歯に見える白さです。

ただし、そこに到達する速さに関しては、同じではありませんし、もともとのスタート地点の違いもありますので、ホワイトニングの効きにも個人差があります。

1回のオフィスホワイトニングでどれだけ白くすることが可能?

日本人の平均であるA3の人が、A1の白さにするには、シェードガイドで8段階白くする必要があります。

つまり、1回の施術で何段階白くできるかによって、ここに到達するまでの施術回数も変わってきます。

ここでは、さまざまなオフィスホワイトニング(歯医者さんで施術するホワイトニング)のシステムで、1回あたりどの程度白くなるか、その目安をご紹介しましょう。
ただし、施術の効果には個人差があるので、あくまで参考としてください。

施術1回あたりの白さアップ度比較

ハロゲンライト 1~2段階
松風ハイライト 1~2段階
FAPホワイトニング 1~2段階
ピレーネ 1~2段階
ビヨンド 2~3段階
マルチアーチホワイトニング 2~4段階
ルマクール 2~4段階
ティオン およそ3段階
レーザー(アルゴンレーザー)4~6段階
スピードホワイトニング 4~6段階
ズーム 6~8段階
ブライトスマイル 8~10段階

1回の白さアップ度は高ければ高いほうがいいのか?

上記のように白さのアップ度を比較して並べてみると、アップ度が大きい方が良いと思いがちです。

一気にアップすればそれだけ施術回数が減りますし、費用がかさむ心配がないといえます。
しかし、白さのアップ度は単純にその優劣を示すものではありません。

大きく白さをアップするものは、とても痛みを伴う可能性もありまし、逆にアップ度は小さいけど、歯に優しいものもあります。

また、そのホワイトニングシステムが自分に合っているかどうかも重要なので、ホワイトニングをした経験のない方は、中程度までのアップ度でトライしてみるの無難です。

ゆっくり白くするホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自分でマウスピースを使って薬剤を塗布するものです。
毎日数時間程度の塗布を繰り返し、自分の希望する白さになるまで、ホワイトニングを継続します。
歯医者さんで施術するオフィスホワイトニングと比較すると、個人が通販などで入手できる薬剤は、白くする成分である過酸化水素の濃度が低くなります。

白くなる段階の目安は?

ホームホワイトニングは、専用マウスピースを使って、自分でホワイトニング剤を塗布し、毎日、数時間程度の施術を継続して行うものです。

初日にすぐ白さを実感できるものではありませんが、早くて2、3日、遅くて1週間程度でおよそ1段階、白さがアップします。

白くなるスピードには個人差がありますが、2週間から4週間程度でおよそ4段階アップすることができますし、さらに継続していけば、A1の白さにすることも可能です。

薬剤の主成分は過酸化尿素

ホームホワイトニングで扱える薬剤は、過酸化尿素です。

過酸化尿素は分解されて、過酸化水素を発生しますが、過酸化水素の濃度は3分の1程度となります。

なので、10%の過酸化尿素であれば、過酸化水素の濃度は3%くらい。

歯医者さんでのオフィスホワイトニング用の薬剤よりもマイルドですが、長期間継続することで、納得できる白さに到達でき、オフィスホワイトニングと比べてゆっくりと白くするので後戻りも少なくなります。

代表的なホームホワイトニングジェル4つ

・オパールエッセンス
ジェルの粘度が高く、マウスピースで塗布する際に、薬剤がしっかりと歯の表面に広がって流れにくくなっています。
また、過酸化水素による歯のダメージの回復を促すフッ素や、知覚過敏の症状を和らげる硝酸カリウムも配合されています。

・ナイトホワイトエクセル
就寝中に使用するために作られたホワイトニング剤です。
ただし、エナメル質の薄い日本人は、知覚過敏の症状が出やすいので、就寝中の長時間の使用には注意が必要です。
その効果は評判が高いものですが、最初は1日2時間程度を目安に、試してみるのが良いでしょう。

・ティオンホーム
適度な粘り気があり、マウスピース内に均等に広がって、漏れにくくなっています。
また、ジェルが白濁しているので、薬剤がまんべんなく広がっているかどうか、目で見て確認しやすくなっています。

・松風ハイライト・シェードアップ
松風ハイライトは、世界に先駆けて作られたホワイトニング剤で、エナメル質の薄い日本人向けに、刺激の少ないものとなっています。

白さをキープするのはメンテナンスは必須

ホワイトニングには日々の食事による着色などで、元の色へと徐々に戻っていく後戻りがつきものです。
ホワイトニング直後には、白さがアップしても、その後の後戻りがあるので、白さをキープするポイントは、この後戻りをいかに軽減するかにあります。

・ステインを沈着させないこと
・着色性の高い食事を見直す
・飲食後は口内を洗い流す
・定期的なホワイトニング

これらは日々の食生活や、歯磨きの頻度、やり方で改善することが可能です。

さいごに

日本人の平均的な歯の色はシェードガイドではA3なので、目指す白さをA1とすると、8段階のアップが必要となります。

一気に、A1にできる可能性のあるオフィスホワイトニングもありますが、大きな痛みを伴ったり、後戻りが早くなるリスクもあります。

こういった歯科医ならではのホワイトニング方法を見て白くしても戻っちゃう、食事制限を気にしないといけない、また黄色くなったら施術しにいかないといけないなどネガティブな感想を持っている方も多いと思います。

そういう方におすすめなのが自宅で簡単にできるホワイトニングアイテムのシローズが活躍するわけですね。

シローズは電動歯ブラシ機能も付いているので、歯ブラシで上記の白さをキープするためのメンテナンス項目はすべてクリアできてしまいます。

シローズのホワイトニングをキープであれば週に一回。白くしたいのであれば二日に一回ほどすることで、歯磨き、ホワイトニング、ホワイトニングメンテナンスもすべて行うことができるので、上記の歯医者などでのホワイトニングにすこしでも抵抗があるのであれば、自宅で簡単にできるシローズから試してみるのも得策ですね。

シローズについて細かく知りたい方は下記HPに行くか、Shiro’s(シローズ)口コミ評価と評判からホワイトニング効果など3か月使ってみての効能レポートを報告!を見てみてくださいね。

コメントを残す

メニューを閉じる